7月3日 第8回勉強会

7月3日に第8回勉強会を行いました。

今週のテーマは、今までの勉強会の復習、最近と江戸時代のマーケティング方法の紹介、CSRについてでした。

まず、アイスブレイクとして               「無人島に行くなら何を持参するか」というテーマについて話し合いました。無人島で役立ちそうな物からバラエティ番組で最近話題の番組ディレクター・ナスDという人物を連れていく、という案まで、幅広い観点から考えることができていました。

一つ目の講義は、今までの勉強会のまとめについてでした。マーケティングとは「買ってもらえる仕組み作り」のことであること、その後のマーケティング戦略のプロセスについてを再確認しました。

二つ目の講義は、最近と江戸時代のマーケティング方法についてです。最近ンのマーケティングでは、インターネットの普及に伴い、スマートフォンアプリやSNS等を利用するデジタルマーケティングやSEO、コンテンツマーケティング等について学習しました。その他にも現在は、ユーザーの満足度やリピート率の向上などの消費者に利便性の高いメリットがあるオム二チャネルも使われています。

江戸時代のマーケティングの事例としては、1566年に西川甚五郎という人物が販売した蚊帳を挙げました。一度は全く売れなかったものの、市場調査を行い、ニーズを捉え直したことで蚊帳は飛ぶように売れたそうです。

三つ目の講義では、CSRとそれに関連する用語について学習しました。また、グループワークではCSRにちなんで学生の社会的責任・SSRについて考えました。ステークホルダーは、家族・友人・教授・電車で乗り合わせた人、と様々ですが自分たちが彼らに対して何ができるのかよく考えることができていました。

今回挙がったSSRは、普段の生活の中で実行できているでしょうか!意識して過ごしていきたいですね

来週は春学期最後の活動です、気合いを入れて臨みましょう