6月12日 第5回勉強会

6月12日、第5回勉強会を行いました。今回は「ポジショニング」について学びました。

今回は初めにグループワーク。まずは今まで学んだ知識を用いながら、一回自分たちの力で考えてみました。テーマは「現状たくさんの企業がある寿司業界でどういう人に売り どんなコンセプトの寿司屋にしますか」でした。

「現状たくさんの企業がある寿司業界でどういう人に売り」というのは前回までに学んだ環境分析、セグメンテーション・ターゲティングの知識を用いることが要求されます。見てると、プリントなどを見返しながら上手く知識を応用できている班の姿がありました。「どんなコンセプトの商品にするか」というところは、「どんなコンセプトってどういうことだろう?」といったり、どこから手をつけるべきかわからないといった、悩んでいる班の姿が多く見受けられました。
講義では頷きながら聞いている一年生の姿が目立ちました。モヤモヤしていたところを解消できたのではないでしようか?実際のスライドから今回のポイントをまとめてみましょう。

「ポジショニングとは、顧客にとって最も魅力的な製品だと認識してもらい買ってもらうためのもの」
「ポジショニングのとり方は
1. 製品のユニークさを簡潔に伝える
2. 自社と競合の製品をマッピングして自社の優位性を考える
の2種類があり、その際には、どのような点が魅力的か、また競合との差別化を意識することが重要」

講義のあとに改めてグループワークへ。学んだばかりの知識を上手く活かしている班の姿が多く見受けられました。とても深い学びになったのではないでしょうか。

6月に入り、雨の日も多くなってきましたが、皆さん体調に気をつけながら引き続き頑張っていきましょう。今回もお疲れ様でした。