活動報告 講演会

6月28日 企業人講演会

ライター 航平千葉

6月28日は、サッポロビール株式会社の武田悟季様をお招きして、「国内ビール市場の現状とサッポロビールのマーケティング戦略」というテーマで講演会を行っていただきました。
今回は早稲田、慶應の方々にも参加していただき、総勢100名ほどの講演会になりました。

image
はじめに、国内ビール市場の現状では、驚くべき事実を知りました。
主要国の酒税を比較してみると、アメリカやドイツ、フランスなどは10円程度なのに対し、日本は139円もの酒税が課せられます(633mlあたり)。
日本では米国の14倍もの酒税が課されているのです!
アルコール飲料を飲まない若者が増えている中、如何に大量に販売し、如何にプロモーションをかけていくかが、今後の鍵となるでしょう。

image
また後半では、サッポロの生ビール「黒ラベル」についてのブランド戦略を説明していただきました。
黒ラベルのコンセプトは、『大人たちに愛される、誇りある生ビール』。
妻夫木聡さんが出てくるCM、「大人のエレベーターシリーズ」でも、何だかおしゃれな世界観が伝わってきますよね。
やはり、明確なコンセプトがあると、プロモーションする際にもぶれずに消費者に伝わるものだなと思いました。

image
ブランドマネージャーである武田様の実体験をもとに、ブランドマネージャーのあるべき姿をお話ししていただいた中で、自分がこのブランドを作っているんだという強い誇りを感じました。
講演で「誰よりも強くブランドを信じて、達成に向けた原動力を持つ」と仰っていましたが、このような思いを持っていないと競争が激しい市場では淘汰されてしまいます。
ブランドを創るには、自分の確固たる意志を持って臨まなければならないのだと感じました。
講演して頂いた武田様、本当にありがとうございました!

image

投稿者について

航平千葉