10月9日 第10回勉強会

10月9日、第10回目の勉強会を行いました。今回は夏休みに海外に留学に行っていた定例局員2人から、その現地で学んだことに関する発表がありました。

1人目は約1ヶ月間、カナダのヴィクトリア大学に留学していた局員の発表。

ポストイットなどを用いながらビジネスモデルを9つに分け整理することで、それぞれの要因がどのように関わり合っているかを示すビジネスモデルキャンバスや、サービス向上は新たな顧客を導いてくれるという考え方のThe Moments of Power
for Service Excellence Successなど、よりグローバル的要素を取り入れたマーケティングの考え方を学ぶことができたそうです。

2人目は約3ヶ月間、アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校に通っていた局員の発表。

どのセグメントが自社製品をよく購入しているかを見るためのCDI(当該商品の市場浸透度)、BDI(当該ブランドの市場浸透度)という指標の説明や、「どの層」が幅広く商品を買っているか・「どの商品」が幅広い層に購入されているかをバランスよく考えることが自社利益増加につながるという考え方であるマーケット・プロダクトシナジーの説明をしてくれました。

また言語面においては、最初は全く現地の子同士の会話が聞き取れず話の輪には入れないことが続いたそうです。しかし思い切って自分は英語がまだうまく話せないということ、そして必死に会話に入ろうとしていることを現地の子伝えたところ、会話の話題やわからない箇所を優しく教えてくれたそうです。そこから伝えたいことをはっきりと伝えることができる積極性を身につけることができたと話していました。

これから留学を考えている人も多いと思います。今回の講義はとても参考になるものではなかったのではないでしょうか?

次回からはビジネスコンテストの準備が始まります!前期の知識を生かせるよう皆さん頑張りましょう!